FC2ブログ
美を送る
世の中、身近に『美』はいっぱいあります、気づくか気づかないかで、楽しさ、喜びが違ってきます。これ、訓練が必要なんです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
大谷石の石蔵
大谷石の石蔵

平成19年1月22日~23日と栃木県さくら市に出張しました。栃木県には大谷石という建築用の名石があることは承知していました。例えば明治には帝国ホテルの用材として使用され、独特の温かい、柔らかな雰囲気が帝国ホテルから醸し出されました(旧帝国ホテルは現在、愛知県の明治村に保存されている。)。

そこで、私の訪問したさくら市でも大谷石の建物が目白押し、素晴らしい町の雰囲気です。かって数万年前火山灰が海底に沈み、それが冷やされて大谷石になったとか。大谷石で建物を立てますと、夏は涼しく冬は暖かい、だから石蔵は最適な建物なのでしょう。愛知県ではまずありません。あっても塀ぐらいです。そこで、温かい、柔らかな雰囲気の石材、大谷石の美を提案します。
スポンサーサイト
【2007/01/26 18:17】 | 橋・建造物 | トラックバック(0) | コメント(2)
何と言ってもリー・バン・クリーフの脇役!
何と言ってもリー・ヴァン・クリーフの脇役!

もう昔ですね、そう、マカロニウエスタンと言うおかしな分野の西部劇がありました。クリント・イースト・ウッドとかジュリアーノ・ジェンマが颯爽と活躍していました。その間で、もう胸キュンのかっこよさはリー・ヴァン・クリーフの老ガンマン、特に、夕日のガンマンでの役はファッションから持ち物、目の動かし方まで垂涎の演技、賞金稼ぎ(bounty killers)と言う非常のプロ役をこれ以上ない好演で、イースト・ウッドも影が薄くなっていました。

私、その当時、彼と同じトレンチコートを、両肩をガバーと覆うフードがついている、買って、着ていました。イタリーのセルジオ・レオーネ監督が呼び寄せてマカロニで再生させたと聞いています。私より15歳上、何とも、得がたい人なんです。拳銃などの商売道具も5種類を選りすぐり、布製のケースに包み、一瞬に開けるような装置で馬の馬具に掛けてあるのです。お暇がありましたら、バイプレイヤーの味をご堪能くださいませ(微笑)、人生、バイプレイヤーに徹するとき、時に、一瞬、主役がくることがある(微苦笑)
【2007/01/26 09:52】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2)
新春の富士の美
新春の富士の美

平成19年1月22日は快晴の富士山日和でした。でも、突然、雲が湧いてくることもありますので、気は許せません。車掌さんにも確認し、居眠りしていたら起こしていただきたいなどとわがままもお許しいただきながら、浜松あたりからカメラをセットし、待機しました(微笑)。お陰様で今年はじめての新幹線車中から富士山が撮影できました。何と、富士川に写るダブル富士山が撮れたのです。歓声!です。
皆さんにもお勧めですが、富士山のことを車掌さん、車中ホステスさんなどご関係の方々は客の富士山についてのお尋ねを大変喜んでご対応してくださるのです。車掌さんは10分前から、私の席の横で待機していただき、一緒に富士山を楽しんでくださいました。やはり、富士の美はどんな景色をも超えて、万人の心を和ませます。以上、富士山の美でした。
【2007/01/25 19:32】 | 橋・建造物 | トラックバック(0) | コメント(4)
100歳現役の美!
100歳現役の美!

皆さん、明けましておめでとうございます。昨年は拙いブログを飽きずに眺めていただき、更に、私の提案する『美』にコメントまで下さり、しばし『美』をテーマに交流をいただき、本当に嬉しいことでした。これは私の授業を受けてくださり、特に、尊厳をどのように理解するか、それを実際の福祉の現場のクライエントにどのように影響を与えていくか、その基礎ベースとして、このブログで訓練?、トレーニング?して、お互いに影響を与え合っていきましょう。それがプロの支援スタッフの始めの一歩!、尊厳マインドがしっかりしてこそ、生き延びていくことができるプロの本物の支援スタッフ!と今年も心から提案していきたいと思います。

さて、今年の第一号は『100歳現役のしょう地三郎先生の美』、文学博士、医学博士と学問も極められ、語学も中国語、英語、韓国語、何と100歳からはロシア語に取り組んでおられるとか!、肉体も脳も、目も、歯も、30歳代のご証明を大学病院の検査でうけておられます、どのようにすればそのような力がいただけるのか、それは何でも50回咀嚼しておられる、それと柔軟体操を毎朝実行しておられます、これが源であるとお教えくださいました。

正に『死ぬが死ぬまで働きぬく長寿の幸せ』の美を目指しておられます。先生は、『どんなことでも遅いものはない』と激励してくださいました。
【2007/01/07 11:54】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(4)
FC2カウンター

プロフィール

ヴィンセント山田

Author:ヴィンセント山田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。