FC2ブログ
美を送る
世の中、身近に『美』はいっぱいあります、気づくか気づかないかで、楽しさ、喜びが違ってきます。これ、訓練が必要なんです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
りんごの木の手助けをする
りんごの木の手助けをする

りんご作り農家の木村秋則さん、りんご作りのプロ!、りんごの生態を理解するのに30年の歳月をかけている。農薬は一切使用しない。だから夥しい害虫が発生した。

真っ白い花を咲かせたのは8年の歳月が掛かっていた。その間、生活費はアルバイトでしのいだ。この新しい農法は世間の目は冷たかった。木村さんはりんごの木の生態を知り尽くした。りんごの木の手助けをする!、りんごには自身でりんごの実をつけたいと必死に生きている、それを手助けするんだ!と徹底した。

ついにりんごは自分の力で実を結んでいった。木村さんは酒を木の根元に『よくやった!』と言葉を掛けて注いで行った。涙の乾杯であった、人の支援もこの本質を忘れてはならない。木村さんのりんごの木の支援を『本当の支援』の美とします。
スポンサーサイト
【2006/12/11 19:54】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(8)
日本の熟年婦人の魅力
日本の熟年婦人の魅力


日本人の熟年の婦人の魅力を写真に必ず撮ろうと私はいつも身構えているように思います。何故か、小さい時から、いつも勇気付けられ、助けられてきたのはおじいさんではなく、オバサンでありお婆ちゃんでありました。

6歳のとき戦後間もないとき、寒い冬、半ズボンで過ごしていました、そんな時、オバサンが半日で長ズボンを作ってくださった!、嬉しかった。オヤツが何もなかった時、お婆ちゃんがサツマイモと栗で、それはそれは美味しいオヤツを作ってくださった。冬の寒さで手が真っ赤になって霜焼けになったとき、其の手を握って息をほーっとかけて、暖めてくださったのはお婆ちゃん!、算数計算がどうしても出来なかった時、傍に来て掛け算を一生懸命にして、頭を一緒にかしげてくださったのもオバサン!、

このように日本の婦人は私にとっては畏敬、尊敬、感謝の対象・・・・これらが写真に撮ろうとしている動機です。皆さんも、きっと思い当たることはいっぱいあると思います。で、錦秋の秋に相応しく日本の熟年のご婦人に感謝・畏敬の美としてご登場していただきました。写真を左クリックしていただくと画面が大きくなります。
【2006/12/11 13:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
合鴨と錦秋を楽しむ
合鴨と錦秋を楽しむ

今日は友人のOさんがご来訪くださった。久しぶりの再会で、気持ちも浮き浮き、早速、奥三河の温泉にご案内。途中、ホテルのロビーでお茶をいただき小休憩、其の時、窓の外、矢作川の川原に数十羽の合鴨を発見!、何と、ホテルが餌をやって飼育しているとか!、当初、50羽を買い入れて飼育したが30羽ほどになっていました。我々が餌を持って川原に下りていきますと、直ぐ、見つけて傍にやってきます。ホテルに飼われているので、人懐こい可愛さと自然で生きる厳しさも持っているようです。矢作川の流れは静かな清流、山の紅葉を映し、正に錦秋を飾っていました。今回は合鴨と楽しむ錦秋の美をお届けしました。
【2006/12/10 19:00】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(0)
ルビー色の銀杏
ルビー色の銀杏

いよいよ銀杏がとれました。いつも例年、ご近所さんからいただきます、銀杏です、スーパーで見ますと1キロで1200円ぐらいです。

私は銀紙に包んで灯油ストーブの上において蒸し焼きにするのです。10分ほどで焼きあがります。それを塩をつけて、食べるのです。皮を剥きますとルビーがでてくるのです(微笑)、これに赤カブや大根、サツマイモ、サトイモ、富裕柿などなど秋の味覚を並べますと、正に『山の幸、野の幸』と言う大和言葉の素晴らしさを思います。

赤カブは酢漬けにしますし、サトイモは蒸して生姜醤油でもいただきます。こういうものをいただきますと気持ちが落ち着き安心感に満たされます。それが『山の幸、野の幸』の美です、つまり幸とは人々の美味しい、喜びの安心感なのです。
【2006/12/04 14:52】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2)
FC2カウンター

プロフィール

ヴィンセント山田

Author:ヴィンセント山田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。