FC2ブログ
美を送る
世の中、身近に『美』はいっぱいあります、気づくか気づかないかで、楽しさ、喜びが違ってきます。これ、訓練が必要なんです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
年の暮れの商戦準備完了
年の暮れの商戦準備完了


名古屋の栄は霧氷がいよいよ街路樹につきました、鮮やかな氷の光が満ちていました。最近の街路樹は寒々とした雰囲気のデザインで覆われています。デザインコンセプトは、推測するに、清潔、若さ、などが表現されているのでしょう。夕方から、これらの街路樹を見ながら、繁華街の散策をお勧めです。町が暗くなるの従い、光が鮮やかに輝いてきます。2006年度の冬のストリートの美します。来年はまた大きく変わることでしょう。
スポンサーサイト
【2006/11/28 22:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
いよいよ真紅のシクラメン!
DSC05571.jpg

クリスマスの季節です、デパートのウインドウにはクリスマスの装いが目立ってきました。このシクラメンは似合いますね、ショッキングピンクと言う言葉がはやった時期がありましたが、以来、真紅は輝いています。今回は真紅の美です。この色は心に温かさを運んでくれます。
【2006/11/25 18:54】 | | トラックバック(0) | コメント(2)
備えの美
備えの美

私のお気に入りの場所、愛知県緑化センターです。手入れの素晴らしさ、四季の樹木、花々、庭の演出、何をとっても勉強になることばかりです。

職員の皆さんの日頃のご苦労、ご努力を感じます。特に、写真のドラム缶の雨水、手持ちバケツにも雨水が入っています。とっさのボヤ、山火事でも、このバケツ一杯の水があれば、消せる場合があるでしょう、なんとも安心感のある風景です。

緑のウオーキングコースを歩いていると、こんな備えがいたるところにあるのです。一人のウオーキングでも、安心感に覆われます。こんな備えが私には『美』に見えるのです。
【2006/11/18 16:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
干し柿作業の美
干し柿作業の美

愛知県小原村(現在、豊田市小原町)のある農家の日当たりのよいところで、当家のおばあさんが柿の皮むきをしておられました。はじめから終わりまでくるくるとむきあげてしまわれます。手元をいつまでも見学させていただきました。出来上がった作品も素晴らしいが、皮むきの作業がより美しく見えました。おばあさんも楽しみをよくご存知で、ニコニコされながらの作業です。この剥いた皮は漬物に入れて、タクアンに甘みをつけるそうです。捨てるところは一つもありませんね。こんな素敵な作業風物はいつまでも残ってほしいものです。

ハーベスト(努力・行為の結果)、日本語の収穫にも同じ意味があり、成果はいつも色合いが温かいですね。干し柿の色合いは段々赤みから茶色へと変質していきますね。で、今回はコツコツと丹念な作業の美です。
【2006/11/14 11:28】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2)
枯葉の季節
枯葉の季節

樹の葉の新芽からの工程を眺めてみましょう。冬の寒さで、種は種に力がつき、春、種を植えて、新芽が出て、双葉が現れて、茎が逞しくなり、蕾が出てきて、花が咲き、葉が茂り、花から実が出て、だんだん、秋へと実りへと、其の間、花嵐を乗り越え、雨嵐、台風、灼熱の太陽にもまけずに、時には雨が降らずに枯れそうになることもあったでしょう。

しかし、乗り切って秋を迎えました。熟し葉は紅葉したと喜ばれましたが、枯葉寸前の美を彩りも鮮やかに錦秋の綾錦として野山を飾ります。

で、私の散歩道も写真のように錦秋の綾錦です、使命を終えた紅葉葉が枯葉として、散っていました。よく眺めますと、思わず感涙です。よく頑張ってきたねと声を掛けたい思いです。で、今回は、枯れ葉のこれまでの活躍をたたえる美です。秋は精神的にも稔りの秋なのです。写真を左クリックして下さい。画面が大きくなります。枯葉の季節

【2006/11/13 13:44】 | | トラックバック(0) | コメント(5)
長野県内、塩尻以北のJR駅の木製ベンチ
長野県内中央線の木製ベンチ

長野方面に旅をしました、中央線の塩尻以北の駅のベンチには写真のような木製のベンチが備えられています。これが温かみがあって、すわり心地が抜群!、いつまでも座っていたい!、寒い雪国にはぴったりの椅子です。しかも、廃材の活用だそうです。木材って、不思議ですね、夏は、また、涼しさを呼ぶのですね。色もいいですね。活用すればするほど、色が輝いてきます。私の前には横浜からこられたと言う二人のお嬢さんが名物の「お焼き」をこのベンチに座って召し上がっておられ、お互いに、このベンチの快適性に共感でした。お陰様で気候は暖かめで旅行日和でしたね、アルプスの峰々には白雪が、裾野の里には紅葉が、快適な気候の中、長野JRの皆さんのアイデアが旅人の心を癒して下さいました。今回は、ずばり、木製ベンチの美!。
【2006/11/11 13:31】 | 橋・建造物 | トラックバック(0) | コメント(6)
大和の山野草とも共存している背高泡立ち草
大和の山野草とも共存している背高泡立ち草

今から3~40年前、NHKテレビで時の総理大臣と日本絵の大御所のH先生の対談があり、其の中で、『今、日本にとても悪い草花が上陸して、大和の山野草を駆逐していきます、それは背高泡立ち草と言います。心配しています。』とH先生は憂国の情を語られました。私も以来、背高は悪い草、悪い草とかたくなに思い込んでいました。ところが、今日、NHKラジオでお昼の12時20分頃、山梨県の方からのお手紙が披露されました。『・・・・私は最近、腰痛がひどくて外出が思うにようにならず、部屋の窓から見えるのは背高泡立ち草だけ、その黄色の花をつけた草の、風で揺れる姿を眺めるのが私の楽しみなのです、とても美しい花だと思います、とても大事な花です・・・・』と驚天動地の驚きでした。
そこで、私は愛知県緑化センターの園芸相談の先生にお訊ねの電話を入れました。つまり、背高とはどのような花なのかと・・・ご親切なお話の要点は、1)背高はいい花ですよ、アレルギーや肺炎の原因になることもありません。2)人間がやった宅地造成などの裸地の緑化を、種を撒かなくともやってくれます。3)俳句の季語にも選ばれず、日本情緒を崩すとかで、好かれなかったが、徐々に日本の社会になじんでいくと思います。とお話いただき、私は40数年の凝り固まった偏見・差別を大いに恥じました。お前もか!

私は写真撮影のあと、背高の花を手でさすり、匂いも十分に嗅いで見ました、いい匂いです。悪いにおいではありません。好きな匂いです。で、今回の美は『背高にお詫びし、偏見・差別を超えた背高泡立ち草の美』としました。
【2006/11/07 15:22】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(4)
知多の小野浦海岸、いいなあ!
知多の小野浦海岸

快晴の一日、知多の小野浦海岸に行きました。夏の強さがすっかり影をひそめ、秋の海風とともに凪いでいました。しばし堤防の階段に座り、海の爽やかな風をいっぱい吸い込みました。前方には伊勢湾の青い海が広がり、後方には知多の緑の丘陵が迫り、秋の静かな海の魅力に惹かれました。知多半島道路を走り、美浜ICで降りれば、もう美浜地区、そこの海が小野浦海岸です。野間の灯台も、前方500mにあり、秋の海は少しの哀愁感とともに、幸せを懐に抱いています。今回の美は秋の静かな『美』です。写真を左ダブルクリックすれば大きくなります。
【2006/11/06 18:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
親しみの御裾分け
親しみの御裾分け

『サトイモの掘り立てを母が持ってきてくれましたので、一つ食べてください、少し大きくなりすぎていますから、長めに蒸してくださいね、生姜醤油で食べるのがいいですね、掘り立てが美味しいですね。』Yさんご夫妻はきっと私の喜ぶ姿が見たいので、もって来て下さいました。私のお返しは、突然のことでしたので、私も頂き物の信州りんごをお返ししました。いつもいただいたり、お返ししたり、時には、お返しがないときも、お互いにありますが・・・、それはそれで楽しいもの。お隣近所への御裾分けと言う素晴らしい共存美!、楽しいですね。翌日、お会いすれば、昨日のサトイモは美味しかったですよ(微笑)。で、今日の美は『お隣近所同士の御裾分け。相手の喜ぶ姿が見たくて・・・』
【2006/11/03 19:53】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2)
国道153号、豊田市入り口に3体のモニュメント
国道153号、豊田市入り口に3体のモニュメント

名古屋方面から国道153号線を豊田市方面に向けて走りますと、三好町を過ぎて豊田市に入りますと左手に、快晴の青空の中、写真のような3体の銅像がお出迎えです。投げる、飛ぶ、捻るといったようなポーズです。最近、カーナビ走行しますと、県境にきますと00県に入りましたとのメッセージが流れ、其の県特有の絵柄(例、岐阜県ならば鵜飼いのデザイン)が表示されます。同じ県内の町と町の境では、00町へようこその看板が目に付きます。と言うことで、今回の美は快晴の青空の中のお出迎えの3体の銅像です。私はこのようなシグナルが出ますとほっとして、この町の状況を推察するのです。
【2006/11/01 21:42】 | 橋・建造物 | トラックバック(0) | コメント(2)
FC2カウンター

プロフィール

ヴィンセント山田

Author:ヴィンセント山田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。