FC2ブログ
美を送る
世の中、身近に『美』はいっぱいあります、気づくか気づかないかで、楽しさ、喜びが違ってきます。これ、訓練が必要なんです。
紅白の彼岸花
紅白の彼岸花

昨日、温泉の玄関に写真のような彼岸花。毎年、正確に9/23頃には、咲いていますね。この植物の体内時計は本当に正確なんですね。

几帳面さとかまじめさとかは、時には病気の原因とも言われますが、・・・しかし、此花を見て、本当に季節の変わり目を理解しますね。気温もいっぺんに秋の気温になりますね。昨夜から、毛布を出して寝ています。黄色の彼岸花もあるようですが、どなたか彼岸花のご研究しておられる方、教えてくださいね。今回の美は、彼岸花の『正確さ』をご提案します。
スポンサーサイト



【2006/09/25 13:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(9)
鮎を獲るヤナ
DSC03977.jpg

家から40分ぐらい山へ入ったところに下山の『ヤナ場』があります。卵を産んだ鮎が川を下ってきます、そこを待っていて写真のような竹の堰を作り、鮎が下ってくるのを待ち受けます。鮎にとっては残酷な仕掛けですが、自然を利用した、初秋の美があるのです。俳句や和歌にも歌われたり、『ヤナ漁』は初夏から初秋の行事になっているのです。ススキの穂や萩の花を眺めながら、鮎の塩焼きや魚田を魚に酒を酌み交わすとき、日本の田舎の交流のくつろぎがあるのです、夏の疲れを癒してくれるような優しい思いに浸るのです。まさに、初秋の『美』なのでしょう。
【2006/09/22 20:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
萩の花
DSC05195.jpg


初秋の可憐な花、それは萩の花、近くにはススキの穂も咲き出し、ツタの葉も赤く染まり始めましたね。

萩の花のピンクの中に紫の花びらもあるんですね。楚々と可愛く咲くのですね。風に揺れていました。

楚々の『美』、控えめな『美』、・・・・今日の『美』です。
【2006/09/21 18:42】 | | トラックバック(0) | コメント(6)
昨年の今日の万博
DSC03870.jpg

昨年の今日は、私、万博会場にいました、暑い一日でした。大成功に万博は終わりましたので、近く(愛知県)に住むものとして、今でも誇りに思っています。輝かしく、豊かな思い出として残っています。2000万人もの人々が世界から国内からいらっしゃったのです。地元、愛知県ではおもてなしにボランテイアを動員し、対応したのです。

過去の蓄積の上に今日がありますので、昨年の今日の一日が『美』であったことは嬉しい想い出です。この日は20万人の参加者があったと聞いています
【2006/09/20 18:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
秋!、栗の魅力!
秋!、栗の魅力!


いよいよスーパーの店頭に秋の新栗が並び始めました。栗の侵しがたい魅力は、何と言っても、ホクホクとした味!、甘さも控えめ!、栗ご飯も、茶碗蒸しの栗も遜色つけ難し、でもネ、じっと見ていると、彼の(栗)真に侵しがたい魅力は、身を守るガードが堅いこと!、針のいっぱいついたイガは敵を寄せ付けません、イガの下には重厚な茶色の堅い服を着ている!、これは鋭利な刃物でないと破れません。更にその下には苦い薄皮で身を守っている!、これらのガードは驚きで眺めます。

翻って、人間は相当に甘い、脇が甘い、ローンも借金とは思っていない、お金は限られた額しか入ってこないのです。まぐれ当たりで、たまたま大金が入りましても、二度とは入ってこないでしょう。まぐれ当たりや僥倖(ぎょうこう:おもいがけないこと)では生きていけないでしょう。
栗は人間に堅実な生き方を教えてくれるのです、そこに侵しがたい魅力を感じるのです。で、今回の『美』は栗のガードの堅さを挙げます。
【2006/09/13 14:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6)
今は昔・・・
060809_1910~0001.jpg

今年の夏も暑い夏でした。写真のシャンシャインビルのところには、昔、巣鴨プリズンがありました。東京裁判が行われたところです。今年の夏は映画『東京裁判』を2回も見ました。裁判長から、death by hanging(絞首刑)と言われた方々を見て、つくづく戦争は二度とやっていけない!と思いました。ご家族や関係者は被害者の被害者・・・・酷い話です。と言うことで、昔、戦禍跡も生々しいところに、今はこんな高層ビルが建ちました。苦しみ、悲しみを秘めた進歩進化の美を提案します。どんなことも、どんなときも明るく考えると言うのが『美』の基本とご理解くださいね。
【2006/09/08 17:10】 | 橋・建造物 | トラックバック(0) | コメント(4)
FC2カウンター

プロフィール

ヴィンセント山田

Author:ヴィンセント山田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する