FC2ブログ
美を送る
世の中、身近に『美』はいっぱいあります、気づくか気づかないかで、楽しさ、喜びが違ってきます。これ、訓練が必要なんです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
お金はあるだけでやっていく堅実美
お金はあるだけで、やっていく


お金は毎月、決まった額しか入ってきません。特にサラリーマンはとことん歩合制の会社でない限り、本当に決まった額しか入ってきません。これをいつの頃か、勘違いしてしまいました、どれだけでも、入ってくると。不足すれば借りればいい、ローンは借金ではないと・・・・日本人は日本政府のマネをしたんではないだろうか、政府は不足すれば、国債をどんどん発行した、・・・・日本人の代々続いた堅実な生活『あるだけでやっていく、借金はしない』と言う堅実な生活美を忘れてしまいました。

それで4年10ヶ月前、小泉総理は構造改革政治を始めるにあったって、昭和天皇陛下の御製『降りしきる深雪に耐えて、色変えぬ、松ぞ雄雄しき、人もかくあれ。』と厳しい構造改革へスタートさせました。本当に大雪が降りました、特に、昨年の12月から今年の2月に掛けては降りしきりました。それは『平成18年豪雪』と命名されるほどでした。日本人の堅実な生活を取り戻すまでは、とことんの改革(大雪)が続いたのです。この大雪が降らなければ、日本人は腐り果てたかもしれません。

さて、堅実美という言葉を具体的な形にすると、皆さん笑わないでね、今日の夕食は私一人だけですので、インスタント焼きそばをつくりました、一つだけ袋のレシピではないものを入れましたそれは野沢菜の漬物を千切りにしてキャベツとネギを炒めるときに入れてみました。ふ~んむ、和風アンチョビと言ったところですか、・・・まあ、単価は@80円
ぐらい。ガルニとして午前中に作った新ショウガのスライス甘酢漬け、ピリッとして美味しい。
お金はあるだけで、やっていく

スポンサーサイト
【2006/05/27 21:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
相手を思う心や態度の美こそ共存美
DSC04780.jpg

今では公共の施設などでは車椅子での利用と言うことが設計段階から、盛り込まれており、社会の一段の成長を見せております。『相手を思う』と言うこの心が社会の底にあって初めて実ることです。米国のAWA法や日本の障害者基本法などは社会にこの心がある証拠です。

写真の車椅子用の坂は車椅子のご利用の方々をほっとさせ安心感を与えます。この小径の設計者の相手を思う心と利用者が感謝と共に利用されるとき麗しい社会が実現していきます。そこに『共存美』があり、皆の心は安心感に満たされます。DSC04780.jpg

【2006/05/27 09:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5)
山紫水明、国敗れて山河あり
山紫水明、国敗れて山河あり。


長野県安曇野のわさびの里を訪ねて、その『美』、山紫水明の美に感動でした、借金まるけの国の経営には腹が立つ、しかし、美しい自然の野山は日本そのもの、この美しい、山紫水明の風土や国土は信用が出来ます。いつまでも、この美しい、国土は守りたいものです。
【2006/05/22 18:03】 | | トラックバック(0) | コメント(2)
松の表皮に歴史が
松の表皮に歴史がある


松の表皮が心にひっかるので、ながめて居るうちに『美』を発見しました。つまり、永年、生きてきた松の歴史が哀愁感とともに伝わってくるのです。

このごつごつした表皮に歴史があるのです。その松は表皮に他のいろいろな草花の種が飛んでくると受け入れて、発芽までさせて、一緒に生きていくのです。離れて見ると、こげ茶色の重厚なカラーですが、付近に茶色のカラーがないので、一段と全体を絵として引き立てています
【2006/05/22 10:46】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2)
蕾は緑の萼(がく)に守られている。
DSC04771.jpg

いよいよバラの花が咲き始めました、ここ愛知県緑化センターのバラ園ではバラの香りも芳しく、散歩もより楽しくなります。

今日は蕾3本の美を提供します。蕾を良く見ていただくと小さなピンクの蕾が緑の萼(がく)で囲まれて、守られています。さながら、萼は親のようではありませんか。ピンクの蕾が成長するにつれて、萼がはがれていきます、そして、ピンクのバラが出現します。つまり、守り守られる関係、親子の関係に美を発見しました。この萼のお蔭で、風や雨の襲撃からも守られています、更に、強敵はカナブンブンなどの昆虫です、甘い、やわらかい花びらを食べに来ますから,成長するまでは萼に守ってもらわねばなりません。
【2006/05/21 18:50】 | | トラックバック(0) | コメント(2)
20060502202446.jpg


ケネデイー大統領は昭和38年の大統領教書で、今までの精神医療の怠慢を反省し、改革を誓った。これにより、精神医療は大きく前進した、さて、平成18年の4/29、米国のブッシュ大統領は拉致被害者の皆さんのご苦労から、それらは人権の問題、人間の最も大事なことと厳ししさを滲ませ、翌30日には『・・・どんなことがあっても人間の尊厳を守る』ことを世界中に訴えた!、ケネデイー大統領以来、43年の歳月が流れ、『人権と尊厳』の重要性を訴えた。ここに人間社会の最大の権力者が言及したことが、今年の最大の『美、人間美』であると思います。これ以上の『美』はない。29日と30日に東京に居て、この新聞記事に嬉しく感動しました。
【2006/05/02 20:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
FC2カウンター

プロフィール

ヴィンセント山田

Author:ヴィンセント山田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。