FC2ブログ
美を送る
世の中、身近に『美』はいっぱいあります、気づくか気づかないかで、楽しさ、喜びが違ってきます。これ、訓練が必要なんです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ホウの木、ホウ葉の枯れ落ち葉
ホウの木、ホウ葉の枯れ落ち葉

庭の片隅に、写真のようなホウ葉の枯れ落ち葉を見つけました、秋の終わりにきれいに片付けたつもりでしたが、4~5枚残っていました。裏白で表は茶褐色、手で触りますとカサカサと粉になって土に混ざってしまいます。10月ごろまでは青々として現役を謳歌していました。日陰になってくれました、何よりの感謝は6月ごろ、ホウ葉寿司を作らせていただきます。酢飯にシイタケ、カツオの缶ズメ、などを乗せて一日ぐらい重石をして置くのです。家族でドライブするときなどは、このホウ葉寿司を持参したものです。

このホウの葉の越し方を思い出しますと思わず、ああとため息です。もう、今は正に『亡骸、なきがら』です。こんなホウの葉の枯れ落ち葉を見ますと、遠い日の我が先祖様を思い出します。感謝の誠を捧げるのみです。やがて、このささやかな感謝が届くのか、新芽を出して、一気に葉をだして茂ってきます。盛夏の酷暑を思い出させるように・・・・・今回はホウ葉の越し方の美ですね(微苦笑)
スポンサーサイト
【2007/03/02 19:30】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(0)
プラタナスの樹皮に親しみを感じて
プラタナスの樹皮

私、小学校年生ごろ、右頬にはたけ(疥)が出来て悩んでいました、一種の皮膚病で白色の斑紋で乾燥してカサカサになります。その様子がこのプラタナスの樹皮によく似ていて、この樹皮にとても愛着を感じて、いつも側によって触ってみたり、樹皮をトントンと叩いてみたりして、慰めていたようです。

それ以来、いつもプラタナスは気になっていました。この二月の寒い時期、どうやって過ごしているかな、見たくなり緑化センターを訪ねました。目で見える芽吹きは一切見えず、剪定されていますので寒々と巨木として立っていました。気分は一気に小学校4年生!、俳人の金子兜太先生がおっしゃるように側にいて、手で触れて、時に抱きしめて、我が心の様子を眺めておりました。プラタナスの命の火が燃えているようで、やがて来る芽吹きに備えているようで、同じ地域に生きるもの同士、同じ空気を吸って生きているんだなあと一体感を感じました。

細かく言えば私たちの吐き出す炭酸ガスを吸ってくれているんですね。私は彼の吐き出す酸素を吸うのですね。と言うことでプラタナスの樹皮への愛着と一体感も美ではないか(微苦笑)
【2007/02/16 09:46】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(0)
ほろ苦いフキノトウに春を感じて
ほろ苦いフキノトウに春を感じて

今年も一月の半ばごろ、小さな庭の片隅にフキノトウが4個芽を出しました、そして、今日、また4個小さな芽を出していました。可愛いですね、命が輝いていました。ごめんねと言いながら、早速、もいでこのように写真を撮りました。私は、量も少ないので、細かく刻んで、お味噌汁の薬味にします。ほんのりとした苦味も春の美ですね。この苦味は春先だけの味ですので、懐かしく、日本の四季の素晴らしさにも気づきます。温かくなるにつれ、どんどん出てくるでしょうね(微笑)
【2007/02/14 14:17】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(6)
何と言ってもリー・バン・クリーフの脇役!
何と言ってもリー・ヴァン・クリーフの脇役!

もう昔ですね、そう、マカロニウエスタンと言うおかしな分野の西部劇がありました。クリント・イースト・ウッドとかジュリアーノ・ジェンマが颯爽と活躍していました。その間で、もう胸キュンのかっこよさはリー・ヴァン・クリーフの老ガンマン、特に、夕日のガンマンでの役はファッションから持ち物、目の動かし方まで垂涎の演技、賞金稼ぎ(bounty killers)と言う非常のプロ役をこれ以上ない好演で、イースト・ウッドも影が薄くなっていました。

私、その当時、彼と同じトレンチコートを、両肩をガバーと覆うフードがついている、買って、着ていました。イタリーのセルジオ・レオーネ監督が呼び寄せてマカロニで再生させたと聞いています。私より15歳上、何とも、得がたい人なんです。拳銃などの商売道具も5種類を選りすぐり、布製のケースに包み、一瞬に開けるような装置で馬の馬具に掛けてあるのです。お暇がありましたら、バイプレイヤーの味をご堪能くださいませ(微笑)、人生、バイプレイヤーに徹するとき、時に、一瞬、主役がくることがある(微苦笑)
【2007/01/26 09:52】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(2)
100歳現役の美!
100歳現役の美!

皆さん、明けましておめでとうございます。昨年は拙いブログを飽きずに眺めていただき、更に、私の提案する『美』にコメントまで下さり、しばし『美』をテーマに交流をいただき、本当に嬉しいことでした。これは私の授業を受けてくださり、特に、尊厳をどのように理解するか、それを実際の福祉の現場のクライエントにどのように影響を与えていくか、その基礎ベースとして、このブログで訓練?、トレーニング?して、お互いに影響を与え合っていきましょう。それがプロの支援スタッフの始めの一歩!、尊厳マインドがしっかりしてこそ、生き延びていくことができるプロの本物の支援スタッフ!と今年も心から提案していきたいと思います。

さて、今年の第一号は『100歳現役のしょう地三郎先生の美』、文学博士、医学博士と学問も極められ、語学も中国語、英語、韓国語、何と100歳からはロシア語に取り組んでおられるとか!、肉体も脳も、目も、歯も、30歳代のご証明を大学病院の検査でうけておられます、どのようにすればそのような力がいただけるのか、それは何でも50回咀嚼しておられる、それと柔軟体操を毎朝実行しておられます、これが源であるとお教えくださいました。

正に『死ぬが死ぬまで働きぬく長寿の幸せ』の美を目指しておられます。先生は、『どんなことでも遅いものはない』と激励してくださいました。
【2007/01/07 11:54】 | 生き物 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ
FC2カウンター

プロフィール

ヴィンセント山田

Author:ヴィンセント山田
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。